ハーブと庭と健康と

このブログは、ハーブの特徴やレシピ、庭のこと、健康のことなどを書いています。皆様のお役に立てれば幸いです。

パソコンやスマホ見すぎで、肩こり、頭痛、五十肩(四十肩)になった方、5〜10分位のポールでコロコロがおすすめです。

ストレッチする女性の後ろ姿

こんな風に腕上がりますか?

こんばんは。

昨日、私はひどい肩こりでした。頭痛も少ししていました。

台風のせいかもと思っていましたが・・・

おまけに、クリックしすぎで右腕が痛い。

これは、まずいぞ。また、五十肩になってしまう。

そうです。お恥ずかしながら、五十肩(四十肩)経験者です。それも重度でした。

昨日は、ポールでコロコロして寝たら、今日は治りました。

 

 

肩こりがひどくなる前に、早くケアしましょう。

あれは、東京から戻ってきてからの冬のこと。

体調は万全ではないけれど、何もしない訳にはいかない。と

知人に頼まれたパソコン作業を、一日10時間以上、その頃はやっていました。

もともと、肩こりになりやすい私ですが、あの時は、かなりひどかったようです。
(多くの原因は長時間の同じ姿勢ですね。私はすぐに猫背になってしまいます。)

私の五十肩のお話

ある日、右腕の上がり具合が、悪いことに気がつきました。でもそのうち治るだろう。と思っていたら、どんどん酷くなります。もちろん、肩こり、頭痛もあり吐き気もありました。
いよいよ腕が上がらなくなり、普通の動きなのに電気が走ったように痛いことがありました。お皿を持って運ぼうとしただけで、電気が走った痛みがして、手の力が抜けお皿を割ってしまいました。


仕方なく、ちょっと遠くの兄の知り合いの整形外科に行きました。もしかして、筋でも切れているのではないかとも思ったからです。やっぱり、いわゆる五十肩(四十肩)というものでした。(認めたくなかったけど) 「もっと早く来れば、注射が効いたかもしれないけど。ここまで来ると・・・」ということで、併設のリハビリ施設に通うように。と言われましたが、ちょっと遠く、数回しか通えませんでした。その時はもう年末です。


あまりにも痛く、手に力が入らなくなり、字を書いてもミミズが這ったような字に。;;左手でお箸を使ったりしていました。夜も痛みで熟睡できなくなっていました。着替えも一苦労、髪も洗えないので、左手だけで洗っていました。


紹介してくれた兄には申し訳ないけれど、しばらくたって自分でもっと近いリハビリ施設のある病院を探して行ってみました。
私は鎮痛剤系はほとんど飲めないし湿布も貼れないので、リハビリ中心です。

 

担当は美人療法士さんでした。


リハビリの理学療法士さんや作業療法士さんが、あまりにも私の腕が上がらないので、驚かれていました。

担当の方(超美人の若い女性)は、最初本当に治せるのだろうか?と思っていたそうです。右腕が前に40度(角度)くらい真横には25度ぐらいしか上がらなくなっていました。「ここまできてると、腕振り運動はかえって変な風に動くから、やらないでください。」と言われました。


週2で通い、肩を温めグリグリと肩周りを1時間ぐらいマッサージして頂きました。(いや、めちゃくちゃ痛かったです)筋肉のはずが菜箸を転がすような感じになっていました。


春になり、ようやく90度よりも少し上がるようになって。
「肩周りだけのマッサージだと、ここまでしか上がらないので、今日からは、背中全体、やります。その代わり肩周りをやる時間は少なくなります。」と


足の付け根から腰からグリグリ、もうそれは、どこもかしこも痛くて・・・わきの筋肉もグリグリ。どこもかしこもガチガチだったそうです。

この時知ったのですが、理学療法士さんや作業療法士さんは、医師の指示がないと他の場所はできないのですね。「首も本当はやりたいんですけど。」とおっしゃっていました。「ストレートネックなんですけど、先生の指示がないとできないんです。」と。

通院が長かったので、その美人療法士さんとは、いまでも仲良くしています。

 

ポールとの出会い


ある日、「ちょっとこれからは、ここへ来られたら、このポールに寝て10分間コロコロしてください。」と言われました。
すると、驚くほど腕が上がるようになって来ました。
ポールでコロコロするようになって、3回くらいで、腕がまっすぐに上がるようになりました。担当の療法士さんも「えっ?こんなに効いた?」という感じでした。それからすぐに通院しなくて良くなり、めでたしめでたし。です。

 

(ストレッチ)ポールは、本当におすすめです!

私は、あの五十肩以来、肩が痛くなったらポールでコロコロやっています。(あの頃は、毎日やっていたのに)

ストレッチポールというのは、商品名らしくヨガポール、フィットネスポール、エクササイズポールなどと色々な商品名で売られています。(もっと色々名前があるようです。)

LPN ストレッチポール(R) EX ネイビー 0001

こんな感じの丸太棒のようなものです。中身は硬いウレタンなどでできています。

ポールでコロコロのやり方

 

このポールに背骨を合わせるように頭からお尻までのせ寝転がります。

 

脚は膝を立てます。両腕は床につき、落ちないようにバランスをとります。

 

肩と背中がガチガチの時は、寝転がるだけでも、イタタタタッという感じでした。

 

背中も腕の付け根も伸びるのがわかります。胸の方が縮こまっていたのが良くわかります。血行が良くなるのがわかります。

 

療法士さんによると、寝るだけでも痛い時は、そのままじっとしているだけでも良いそうです。痛すぎる時は、ほんの1分足らずでも良いそうです。

 

無理をしないように左右にコロコロとやってると、ほぐれていくのがわかります。

このポール、体幹のバランスを取るのにも良いそうです。

全体の筋肉のバランスが良くなる。と療法士さんに聞きました。

 

色々エクササイズはあるようですが、

私は、背骨に合わせてコロコロ。を5分〜10分くらいやるだけです。

気が向いた時は、腕も伸ばした状態で胸の前で手を合わせたり、広げて床についたりするだけです。

たったこれだけで、かなり背中や肩がほぐれるのがわかります。

 

肩こりがひどい人、試しにこれやってみてください。

かなりほぐれますよ。

 

ほぐれ具合に合わせて、色々エクササイズをやってみるのも良いですね。

(私は、毎日コロコロしようと言って、今は時々コロコロだけですが)

 

YouTubeも検索すればたくさん動画があるようです。

 

それと、

一番の予防は、同じ姿勢を長時間しない事でしょうか。

 

昨日のお話。むくみもそうですね。

www.herb1.xyz

たまには、動く。これとても大事ですね。

 

 

まとめ

  • 重症化する前に、ケアをしましょう。
  • ポールで、少しだけコロコロしましょう。
  • 同じ姿勢を長時間しないようにしましょう。
  • 動きましょう。
  • 無理せず、寝ましょう。

え?この私が?という気持ちでしたが、五十肩になりました。

肩こりからくる(首こり)からくる目眩にも襲われていたことがあります。

これになると、なかなか大変です。

慢心は禁物です。(自分に言い聞かせています)

自分の体は自分で早めにケアしましょう。

 

肩こりに良いと言われるハーブティーもありますが、

それは、またの機会にお話ししたいと思います。

 

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

読者登録、はてブ、星、コメント、ありがとうございます!!

 

それでは、明日に備えて良い夜を♪

 

 

お問い合わせプライバシーポリシー