ハーブと庭と健康と

このブログは、ハーブの特徴やレシピ、庭のこと、健康のことなどを書いています。皆様のお役に立てれば幸いです。

マリーゴールド(ポットマリーゴールド ・カレンデュラ)について

マリーゴールド

マリーゴールドの種

こんにちは。昨日はハーブ先生の日でした。テーマはマリーゴールド。

今日は、そんなマリーゴールドのお話をさせていただきます。

あいみょんのマリーゴールドではなく、ハーブのマリーゴールドのお話ですので、間違えてこられた方、すみません。お時間があるようでしたら、気になる記事を読んでいただけましたら嬉しいです。

 

食用でないマリーゴールドも多いので、気をつけて。

なぜ、昨日のテーマが、マリーゴールドになったかというと

だいぶ前に生徒さんが

「このマリーゴールドの苗、買ったんですけど、これ食べられますか?」

苗に付いていたタグを持ってこられました。

確かに、名前はマリーゴールドと書かれていますが・・・

用途のところに「園芸用」

と書かれていました。お花の写真も上の写真とちょっと違い一重咲。・・・一重咲きの物もあるようですが、私が知っているものは、ほとんど八重のもの。学名も不明でしたし食べられるともどこにも書かれておらず「園芸用」の文字が光っていました。

一応園芸用ですので、農薬がたっぷりかかっているかも知れないので、これは、お花を楽しむ方向で。」とお伝えしました。

 

ハーブで使用するマリーゴールドは

ポットマリーゴールド 学名:calendula officinalis  という品種です。カレンデュラという名前で販売されていることもあります。

 

園芸品種の代表は

フレンチ・マリーゴールド、学名はTagetes patulaという品種で食用には適さないので気をつけてください。

 

マリーゴールドは園芸種がたくさん出ています。ホームセンターで、ハーブのマリーゴールドに出会うことはなかなか難しいかも知れません。

私がよく行くホームセンターも、ハーブコーナーではなく、マリーゴールドは、園芸コーナーにおかれているものしか見かけたことがありません。

ホームセンターで、マリーゴールド、キンセンカという名前で売られているものは、ハーブティー用のポットマリーゴールドではなくフレンチマリーゴールドが多い気がします。公園によく植えられているマリーゴールドもフレンチマリーゴールドが多い気がします。

では、ハーブティーなどメディカル面で使用するマリーゴールドについて、どんなことに良いのか・・・

 

マリーゴールド(ポットマリーゴールド・カレンデュラ)の特徴、作用、用途など

 

生活の木 有機ハーブ マリーゴールド 袋入り5g

 

マリーゴールド

学名:calendula officinalis 

科目:キク科 

使用部位:花 

原産国:地中海沿岸 

和名:キンセンカ 

別名:カレンデュラ ポットマリーゴールド 

生薬名:金盞花(キンセンカ)、長春花(チョウシュンカ)

味:やや苦味のあるハーブ、干し草のような香り

成分:カロチノイド(ルテインが豊富)、フラボノイド、サポニン、苦味室、粘液質 

 

マリーゴールド、ハーブティー

ほんのり苦味が後味にきますが、飲みにくいことはありません。


 

ハーブティーなどメディカル面や食用で使用する場合、園芸店で出回っているマリーゴールド(フレンチマリーゴールド)とは種類が違うので気をつけましょう。

 

ポットマリーゴールド 学名:calendula officinalis がハーブで使用するマリーゴールド。カレンデュラという名前で販売されていることもります。(草丈は40〜50センチになる)

花が咲いている期間が長いことから「何ヶ月も通して」という意味のラテン語「カレンデュラ」が属名になっています。

  

古代から使われているハーブで、薬用以外では、花弁の黄色い色素が、染料やチーズなどの着色料や料理に使われてきた。若葉が食用になります。
高価なサフランの代用品として使われた。「貧乏人のサフラン」とか不名誉な名前も。

 

スキンケアやスキントラブルなどに、外用として使用されることも多いハーブです。

 

*カロチノイドを多く含み花の色素が光によって奪われないように、光を通さない容器で保管しましょう

 

 

 

作用や効能

作用:解熱、殺菌、抗真菌、胆汁分泌促進、生理調整 発汗、鎮痛、創傷治癒

 

こんなときに:胃炎、消化器系の炎症緩和、粘膜の再生、炎症の緩和、保護、口内炎、更年期障害、肝臓の働きを助ける

 

外用:スキントラブルに全身・半身・局所浴、湿布(腟カンジタ、局部浴が良い。)日焼け、やけど、湿疹、ヘルペス、水虫、静脈瘤

 

浸出油を軟膏やクリームとして使用される事が多いです。
肌がなめらかになるので、ローションや入浴剤としても使用されています。

 

注意すること

子宮を刺激するので妊娠中・授乳中の使用は避けましょう。

 

マリーゴールドの育て方


一年草(2年生えることもある) 草丈:40〜60cm
種まき:3〜7月 ・ 9月〜11月

秋まきがオススメ。本場が4、5枚になったところで株感を30センチ以上空けて定植します。

育苗は、10度前後の低温で管理すると節感が詰まった良質の苗ができる。開花後にタネを収穫し保存。


場所:日当たりがよく、水はけの良い肥沃な場所。寒さにも強いが株が弱ることがあります。強風にさらさないように気をつけます。根には、地中のセンチュウを防除する働きがあるので、野菜畑に植えても良いです。


収穫:1〜5月。


水やり:鉢植えの場合、表土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場の水やりも忘れないようにします。庭植えの場合は、よほどのカラカラお天気でない限り水やりの必要ありません。


肥料:植え付け時に緩効性肥料を元肥として施すと共に、長期間開花するので、月に一回程度液肥か固形肥料を与えると良い・・・と本には書かれていましたが、肥料の上げ過ぎも病害虫の原因になるようです。


病害虫:乾燥のしすぎ、多肥で、ハダニ、うどん粉病になりやすい。蕾や葉を食い荒らす、ハモグリバエ、エゾギクトリバ、ヨウトウ虫などは、みつけ次第捕殺。


毎日のケア:咲き終わった花ガラや、枯れた下葉をこまめに取り除くと、下から花芽がどんどん伸びてきます。種子をつけないように管理すれば、長期にわたって次々と花を楽しむことができます。寒さには強いけれど、寒さの厳しい地方では、日当たりの良い軒下などで管理しましょう。

 

 まとめ

メディカル面やお料理にも使用範囲の広いハーブです。

自分で育てる場合には、園芸店にもマリーゴールドはよく出回りますが、品種も多くポットマリーゴールド(カレンデュラ)ではない別の園芸種で農薬を使われていることも多いので、

ハーブの専門店で苗を購入するかタネから自分で育てる方が確実です。

ポットマリーゴールド 学名:calendula officinalis がハーブで使用するマリーゴールド。

カレンデュラという名前でも売られていることがあります。

今、ハーブで使用しない方のマリーゴールドの苗が出回っていますので、間違えないように、この時期にマリーゴールド(カレンディラ)を取り上げてみました。

 

 

 

 2週間ほど前にタネを蒔きましたが、マリーゴールドは、ヒョロヒョロと芽を出していました。まだ?発芽していないものも(涙)

www.herb1.xyz

 こちらの種の発芽の方は、また別の機会にご紹介させてただきます。

 

マリーゴールドは、色々と使用範囲が多いので、レッスンで作ったものを次回はご紹介させていただきます。 

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

風邪をひかれてしまった方が多いようです。お大事に。

寒暖差や気候の変化が激しいですからね。

まだ、大丈夫な方も

頑張りすぎないように気をつけましょう♪

それでは、また!

お問い合わせプライバシーポリシー